オウンドメディアのデザイン

企業がオウンドメディア化をする流れは、3つのステップにわかれています。
まずは、企業の基本となるサイトを作ること。
インターネットが普及していない時代には、紙製のカタログが主流でしたが、今の時代ではカタログよりもWEBサイトが主流です。
次に、事例を紹介すること。
ユーザーがより企業に親近感が持てるように、消費者が疑似体験できるようなサイトを作ることです。
これはお客様の声や体験談、口コミにあたります。

最後に、オウンドメディアを作り上げます。
ターゲットとなる消費者に対して魅力のある情報を配信するサイトを作ります。
たとえば、飲食店であれば料理のレシピを紹介したり、整体院であれば肩こりの解消法を紹介したりと、企業の信頼性を高めることでオウンドメディア化が完了します。

通常、オウンドメディアの手法は人それぞれです。
サイトのコンテンツ内容もそうですが、デザインも様々。
通常はWEBデザインに精通した専門家へデザインを依頼したり、ライバル会社を真似て制作をしようとしますが、自社でデザインまで行っている企業もたくさんあります。

デザインで気を付けたいことは、見やすさ、印象、トレンド、協調性など。
せっかくの良いコンテンツも見にくければ意味がありませんし、印象強くトレンドも踏まえたデザインでなければいけません。
最後に、企業のイメージとサイトのデザインの同調です。
協調性あるコンテンツサイトを仕上げることで、オウンドメディアが統一されます。
当サイトでは、更にオウンドメディアのデザインについてご紹介しています。
オウンドメディアのデザインについて一緒に考えてみましょう。